さんまの味噌煮丼 さんまの缶詰を使って簡単調理


今日は雨。外に食材を買いに行くのもなんだかとっても億劫。そんな時は缶詰を使って簡単調理です。

さんまの味噌煮丼

食材の栄養をそのまま閉じ込めた缶詰。最近は味がとても良くなった上に種類も豊富です。

今日は「さんまみそ煮」の缶詰を使って料理です。美味しい煮魚を作るのはなかなか難しいのですが、缶詰はそんな手間を一切省いてくれます。

「さんまみそ煮」缶詰を卵でとじてみました。

さんまの味噌煮丼の作り方

材料(1人分)

  • さんまみそ煮(缶詰)※ 1缶(150g)
  • 卵 1個
  • 長ネギ 1本
  • しょうが 1カケ
  • 水 適量
  • 米酢 小さじ1
  • ご飯 適量 今日は180gほど用意しました。

※ 「さんまみそ煮」 内容量150g マルハニチロ食品

さんまを一口大にカットし食べやすくしたみそ味の味付缶です。 北海道産の旬のさんまを使用しています。

缶詰 さんまみそ煮 マルハニチロ食品

下ごしらえ

  1. 長ネギを斜めに刻んでおく。
  2. しょうがは千切りにする。

作り方

  1. フライパンに缶詰(さんまみそ煮)の中身を汁ごと全部入れる。さらにそこへ、その空き缶の半分ぐらいの量の水を加える。
  2. 斜めに刻んだ長ネギの2/3の量を加える。
  3. フライパンを火にかけて、沸騰してきたら弱火にして、ネギが柔らかくなるまで煮る。
    さんまの味噌煮丼の作り方
  4. 米酢を加えて1分ほど煮る。(酢を加えると魚臭さが抑えられます)
  5. 溶き卵を回しかけて、20秒ほど煮たら火から下ろす。
  6. 丼に熱々のご飯をよそい、長ネギの残り1/3をその上に敷く。
  7. その上に卵でとじたさんまのみそ煮を乗せる。仕上げに千切りしょうがを飾って完成。

MEMO

ゴロゴロとした存在感のあるさんまがいいですね。この缶詰にさんま1尾分ぐらい入っているのかな。骨も柔らかく炊けていいて、さんまを丸ごといただけます。

さんまみそ煮

甘辛の味噌ダレがご飯に浸み込んで、ガツガツといけます。

さんまの味噌煮丼

食べるときに七味唐辛子をかけてやると味が引き締まります。

1缶でDHA&カルシウムたっぷり! 病気を遠ざける! 魚の缶詰レシピ

1缶でDHA&カルシウムたっぷり!  病気を遠ざける! 魚の缶詰レシピ
¥ 1,404
ASIN: 4309283462
河出書房新社

CS Shop