仙仁温泉 花仙庵 「Tea Room 櫓」 ~ 秘密にしておきたい大人の隠れ家


まるで別世界、静かに時間が流れる空間で癒される

花仙庵 Tea Room 櫓 イチジクのタルトとハーブティー

秋ですね~♪

先月までの暑さがまるで嘘のようだ。10月も中旬を過ぎるとさすがに肌寒さを感じるようになる。

秋に実家のある信州に里帰りするのは久しぶりのことだ。関東と違って、さすがに信州は寒い。もうすっかり秋だ(^^;

久しぶりの信州、秋を堪能しないと。

信州の秋といえば・・・松茸?リンゴ?ブドウ?栗?温泉?紅葉?・・・美味しいもの、楽しいものが多すぎる(≧∇≦)

色々と迷って、小布施までドライブをすることに決定!

小布施までの道のり、途中、どうしても立ち寄りたい場所がある。そこは、予約のとりにくい宿として有名な「仙仁温泉 花仙庵 岩の湯」である。

さすがに、ここはぶらりと行って泊まれるところではない。もちろんそれは十分に承知。

今日の目的は「Tea Room 櫓」。

教えたくはないけれど、ここは宿泊しなくとも利用ができる!秘密だよ。

仙仁温泉 花仙庵 「Tea Room 櫓」

仙仁温泉 花仙庵 「Tea Room 櫓」

仙仁温泉は菅平(夏はラグビーの合宿、冬はスキーのメッカ)から須坂に抜ける峠の降り口にある温泉で、ここに温泉があると知らなければ通り過ぎてしまうようなところでもある。

この日は実家のある上田から小布施までのドライブ。最もポピュラーなルートは国道18号線を北に向かうコースだが、これが休日ともなると渋滞にハマるのだ。この渋滞を避けて菅平から須坂方面へ向かう国道406号線を使うとちょっと遠回りになるがスムーズに走ることができる。しかし、ここは峠道。アップダウンと連続するカーブが襲ってくる。その一方で、この時期は紅葉もはじまりとても景色が良く、走っていて気持ちが良くなる道でもある。

そんな、つづら折りの峠道を抜けたところに仙仁温泉はある。

やっと色付き始めた木々を見ながら仙仁温泉に到着。峠の運転にも疲れたころ、いっぷくするにはちょうど良いタイミングだ。

仙仁温泉 花仙庵 岩の湯

車を駐車場に停め、途中、山間を流れる川にかかる橋を渡り、さらに、広い敷地を奥へと進む。既にこの時点で別世界にでも来たような雰囲気に包まれてくる。

そして見えてくる趣のある玄関。そこを入るとフロントへと続く。

宿泊の予約は入っていないけれど、本当にティールームは利用できるのか?初めてここを訪れる人は、きっとそんな不安がよぎることだろう(^^;

フロントでティールームを利用したい旨を伝えると、大変気持ちよく迎えてくれる。

そのフロントを抜けて(途中、鯉の泳ぐ池がある)さらに進むと、やっとティールーム「Tea Room 櫓」の入り口が現れる。

入り口をくぐるとそこは奥行があり開放的で落ち着いたダイニングルーム。

「Tea Room 櫓」

ここで終わりかと思うと、まだ奥には二階への階段がある。階段を上ると、そこはすぐ下に川が流れ、目の前は木々に囲まれた個室へと続く。個室といってもプライベートな空間を保ちながらも開放的な作りで、窓の外には美しい木々の風景が広がり、入り口は丈が長く透明感のある暖簾で仕切られている。

ちょうど訪れたときは他のお客さんも無くほぼ貸し切り状態。「どうぞお好きなところへ」と声をかけていただき、テーブルも選び放題。折角なので、お言葉に甘えて、二階の個室を利用させてもらうことにした。

「Tea Room 櫓」「Tea Room 櫓」

なんと素敵なところでしょうか!思わずパチパチと写真が撮りたくなる(^^;

目の前には緑の葉を付けた木々が広がり、窓からは爽やかな風が入ってくる。まだ、紅葉には少し早いようだが、もう少しすれば、窓の外は赤く染まるのだろう。

テーブルに着きメニューを広げ、さて、何にするか?

季節限定のメニューが目に入る。迷わずコレに決定!「イチジクのタルト」!!

これに合わせるのは、紅茶か?いつもならそうするところだろうが、この雰囲気のせいだろうか、普段頼むことの無いようなハーブティーなんかをお願いしたりする(^^;

イチジクのタルトとハーブティー

うん、美しい♪

タルトの乗る器には、フルーツと可愛らしい花、さらに、蘖(ひこばえ)という菓子(これはお土産として購入が可能)が添えられている。ハーブティーはレモングラスがベースの爽やかな香りだ。そこには、柚子ジャムが添えられ、好みに応じて味の変化を楽しむことができる。

そんなケーキとお茶を楽しみながら、どれほどの時間、外の景色を眺めながらボーっとしていたことだろうか?すっかり、本来の目的を忘れていた(^^;

こんな非日常的でステキな空間に留まっていたら・・・・それこそ体から根が生えそうだ。

さぁ、リフレッシュしたところで出発しよう!

次はいつここへ来ることができるだろうか。それを楽しみに、元いた世界へ戻ることにする。

そうそう、参考までに記載しておこう。ケーキは500円、ハーブティーは600円。都心のホテルのティールームならこの倍の値段でもおかしくない。

お店情報
仙仁温泉 花仙庵 「Tea Room 櫓」
  • 店名 : 仙仁温泉 花仙庵 「Tea Room 櫓」
  • 住所 : 長野県須坂市大字仁礼3159 仙仁温泉 岩の湯
  • 電話番号 : 026-245-2453
  • 営業時間 : 9:30~22:00 / 18:00以降は宿泊客専用 (不定休)

安曇野名水石挽そば本わさびセット 【送料込】 / 美しい自然や風土に囲まれた長野県。信州産の食材・郷土食やお土産を、NAGANOマルシェ..

安曇野名水石挽そば本わさびセット 【送料込】 / 美しい自然や風土に囲まれた長野県。信州産の食材・郷土食やお土産を、NAGANOマルシェ..
5,616 円 (税込) 送料込
この商品は、株式会社キバチ堂より、ご注文後おおよそ10営業日にて出荷いたします。 ●生産者名:株式会社キバチ堂〈キバチ堂は国産〉このコンセプトのもと、本物の安全で美味しいそば造りを追求しています。国産玄蕎麦を風味を損なわないよう極低回転で丸ごと挽きぐるみした..
CS Shop