雑穀米のススメ もう “ ザッコク ” なんて言わせない! 土鍋で炊いた美味しい雑穀ご飯


若さを保つ秘訣は腹八分目。バランスの取れた食事が良い。なんて言われるけれど、ついつい好みのものをおなかいっぱい食べてしまう・・・やっぱり気になるよね~。

雑穀米ご飯

雑穀を食べればメタボや生活習慣病の予防になる。なんて言われるけれど、実際のところはどうなのかな?

食事の栄養バランスは気になるけれど、いちいちそれを管理するのは大変。

だからあえてそんな面倒なことはしないよね。

私も栄養バランスは気になるけれど、面倒だから特に管理はしていません。

でも、そんな私でも雑穀ライフだけは続いています。ご飯を炊くときに雑穀をちょっと入れるだけで、味や食感に加えて雰囲気が変わります。それだけで食事にバリエーションが出てくるので、食事が楽しくなってきます。

今日はどんな雑穀を入れてみようか?

ということで、最近使い始めた土鍋を使って雑穀ご飯を炊いてみたよ。

雑穀

小麦・米・とうもろこしが主穀なんて言われているようですが、いわゆる、それ以外の穀類が雑穀。栄養価は高く、有用な成分をたくさん提供してくれるのに、「ザッコク」なんて呼ばれかたをして、十把ひとからげなとってもアバウトな扱い。雑穀に対して失礼に感じてしまうのは私だけ?もう少し、大事に扱って欲しい。

雑穀米

キッチンにあった雑穀類を集めてみました。確か他にもあった気がするが、まずはとりあえず。

  • やずやの十六雑穀
  • 黒米
  • 大豆

「やずやの十六雑穀」は味も良くバランスも取れているということで、好んで利用しています。個人でこれだけの雑穀を準備するのは大変だよね。

もち黒米、もち赤米、もち麦、胚芽押し麦、ひえ、大豆、小豆、とうもろこし、もち玄米、青玄米、ハト麦、はだか麦、もちきび、もちあわ、青大豆、黒大豆

雑穀独特の匂いを抑え、ご家庭でも簡単においしく炊けるように、最も苦心したのは雑穀の配合比率でした。味・食感・栄養バランスなどを考慮しながら、100回以上も試作を重ね、「これはいける!」と確信できる配合にたどりつくまで1年。粒の大きさも重さも異なる16種類の穀物が均一に混ざるよう、専用機でブレンドしています。 やずやのHPより

「黒米」は、旅行に行ったとき、道の駅で買い求めました。黒米にはビタミン、ミネラル、アントシアニン系の紫黒色素を豊富に含みます。これを入れると色合いが良い。

「大豆」は、節分にまいた残り(^^; 小分けにされているので、扱いやすいのだ。

雑穀ご飯を炊く

炊き方は普通のご飯を炊く時とほぼ同じ。白米に混ぜるだけです。

雑穀米の炊き方

材料
  • 白米 2合
  • 黒米 小さじ2
  • やずやの十六雑穀 1包(25g)
  • 大豆 1包(8g)
  • 水 480ml
炊き方
  1. お米をよく研ぎ、雑穀を加えて30分水に浸す。
    雑穀の炊き方
  2. お釜内側の水加減ラインを参考に水を入れる。(お米一合に付き、200ccと二割増しの水加減)
  3. 二重に蓋をし、ガスコンロで炊く。強火で10分、ふいてきたらとろ火で10分炊く。
  4. 炊き上がれば火を切り、約10分間蒸らしたら完成!
雑穀ご飯

蓋を取ると紫色に色づいています。黒米の効果です。なんだか赤飯みたい。

芳ばしい香り。炒った大豆の香りです。

どうだろう?

色々な穀物が入っているので、食感も色々。もっちり、プチッ、プリッ・・・。

土鍋の効果もあるのかな?美味しいです。雑穀は臭いや味がイヤという人がいますが、これは大丈夫!

見た目にも鮮やかでしょう。それになんだかカラダにもよさそうじゃない♪

関連記事

やずや の 発芽 十六 雑穀 25g×30小袋入り

やずや の 発芽 十六 雑穀 25g×30小袋入り
¥ 3,672
ASIN: B007UXCMWY
やずや
「彩りバッチリ、もっちもち」 冷めてももっちりとしておいしく、彩り鮮やかなので、おにぎりやお弁当にもぴったりです。「発芽十六雑穀」の炊き上がりはほんのりピンク色です。日本の伝統食、穀物をバランスよく16種類ブレンドしました。 ※自然の..
CS Shop