バターの代わりにココナッツオイルでふんわり“くるみパン”を作ってみた


これ美味しい!!ココナッツオイルとくるみの組み合わせは最高です。ココナッツの甘い香りとくるみの芳ばしさがよく合います。

ココナッツオイルを使ったくるみパン

ココナッツオイルを使ったくるみパンの作り方

材料(6個分)

  • 強力粉(はるゆたかブレンド) 300g
  • 水 204g ※1
  • ドライイースト 3g
  • 塩糀 6g(塩1g相当)
  • 塩 3g
  • 砂糖 15g
  • バターミルクパウダー(スキムミルクでもOK) 15g
  • ココナッツオイル 15g
  • くるみ(ロースト済み) 30g ※2
  • 卵(仕上げ用) 適量

※1 水はベーカーズパーセントで68%ですが、手ごねの場合ちょっとべた付いてこねにくいかもしれません。最初は60%ぐらいかはじめて、少しずつ調整してください。

※2 くるみはローストしたものを使ってください。生のくるみは150℃のオーブンで10分程度ローストしてください。

今回使用したココナッツオイル
ココナッツオイル

今回使用したものは、ブラウンシュガーファーストの販売する有機食用ココナッツ油(「有機JAS」認定商品)です。

くるみパンの作り方

※実際はニーダーを使って作っていますが、レシピには手ごねの方法で記載します。

  1. 大きめのボウルに、強力粉、ドライイースト、砂糖、バターミルクパウダー、水を加えて混ぜ、さらに塩糀、塩を入れてしっかり捏ねる。
  2. 生地にツヤが出てきたらココナッツオイルを入れて、ココナッツオイルが生地に馴染むまでしっかりと捏ねる。写真はココナッツオイルを入れてから直ぐの状態。まだ、オイルが生地に馴染んでおらず、テカテカしています。このテカテカ感が無くなるまでこねましょう。
  3. ココナッツオイルが馴染んできたら、粗めに砕いたくるみを加えて、生地全体に混ぜる。
    くるみパンの作り方
  4. 生地が捏ねあがったら、2~3倍に膨れるまで一次発酵させる。
  5. 生地を取り出して上から軽く押さえ平らにしてガス抜きをして、6等分にしてから丸め直して生地が乾かないようにして15分ほど生地を休める。
  6. ベンチタイム終了後、生地を軽く押さえてから再び丸く成形して天板に並べる。
    くるみパンの作り方 成形
  7. 30℃で30分ほど生地が乾かないようにして、2倍ほどの大きさになるまで二次発酵させる。
  8. 二次発酵後、生地の表面に溶き卵を塗り、クープナイフで表面に浅くクープを入れる。
    くるみパンの作り方 発酵
  9. 190℃のオーブンで15分焼く。焼き上がったら直ちに、金網や籠の上に乗せて冷ます。

MEMO

ココナッツの甘い香りとくるみの芳ばしさ

これ美味しいです!

甘いココナッツの香りと芳ばしいくるみが堪らん。

いつもなら、くるみパンを作るときには全粒粉やライ麦粉を加えるのですが、今日は強力粉だけで作りました。生地はふわふわの仕上がり。そこにコリッとしたくるみが入りいいアクセントにもなっています。

ふんわりくるみパン

ココナッツオイルの虜になりそう。

関連記事

レインフォレストハーブ 有機JASオーガニックバージンココナッツオイル 500ml 1本

レインフォレストハーブ 有機JASオーガニックバージンココナッツオイル 500ml 1本
¥ 1,768
ASIN: B00IIHR334
株式会社レインフォレストハーブジャパン
VCO(バージンココナッツオイル)を選ぶときには、自然な透明色とココナッツの香り、そして24度未満で凝固するという点で、その品質は一目見てわかります。寒い地域の国では、多くの場合瓶詰めで販売されており、..

エキストラバージンココナッツオイル380g 国内充填仕様なのでご安心してお使い頂けます。三和通商

エキストラバージンココナッツオイル380g 国内充填仕様なのでご安心してお使い頂けます。三和通商
¥ 780
ASIN: B00UA1C7K0
三和通商
信頼の「国内充填」
ブームが続いているココナッツオイルですが、信頼の「国内充填」により、益々重要性が高まる「安心・安全」を実現! 塗って良し!食べて良し!色々使える万能オイル。
CS Shop