沖縄ソウルフード スパムおにぎり(スパムむすび)を作る | Hormel SPAMポークレシピ


最もポピュラーなSPAM(スパム)メニューは “ スパムと卵のおにぎり ”

スパムおにぎり(おにポー)

SPAM(スパム)と卵のおにぎり「おにポー」いわゆる「ポーク卵おにぎり」。

沖縄を旅していて、小腹が空いた時に好んで食べるおやつ。

スパム(ポークランチョンミート)の塩味と脂がご飯と実によく合い、大きなおにぎりでもペロリといってしまいます。

そんなスパムおにぎりが家でも手軽に作れたら嬉しいよね。

そんな時に便利な道具があったんです!

スパムむすびメーカー

スパムスライサー(カッター)

(SPAM(スパム)はホーメルフーズ社の登録商標です)

そんな便利な道具とスパムがセットになったものをネット(楽天市場)で見つけて、早速ポチッ!

スパムおにぎり ⇒ 作り方

SPAMスパム5缶公式グッズ同梱セット

手元に届いた大きな宅配用の袋をワクワクしながら開くと。

これらが揃えばスパムおにぎりは簡単に作れる!

SPAMスパム5缶公式グッズ同梱セット
  • SPAMスパム 沖縄限定うす塩 340g×5缶
  • スパム・スライサー(カッター)
  • スパムむすびメーカー
  • スパム公式レシピ本

沖縄ホーメル 楽天市場店

沖縄ホーメル

スパム(ポークランチョンミート) 、コンビーフハッシュ、ビーフシチュー・・・。戦後、アメリカからもたらされた様々な缶詰。これらは沖縄の食生活を一変させるとともに、やがて、日常的な食材として人々の間に根づいていきました。こうした時代背景のもと、沖縄と、創業100年を越えるアメリカの大手食品メーカー『ホーメル・フーズ』との出会いから、沖縄ホーメルは生まれました。

沖縄のスーパーに行くと、豚肉や牛肉を使ったスパム(ポークランチョンミート)をはじめ様々な種類の加工食品が並びます。中でも沖縄ホーメルの食品は品数も多く目を引きます。

最近は沖縄県外でもよく目にするようにはなりましたが、まだまだ知名度は低い方で食卓に上ることも少ないです。

SPAM(スパム)

初めてスパム(ポークランチョンミート)を口にしたときは・・・?今までにはなかった、いまひとつ馴染めない味。どこか異国の味。これが沖縄の味なのかとある種の感激を覚えました。

そんなスパムも食べつけるとクセになる。あの風味が堪らない。

スパムおにぎり(スパムむすび)の作り方(4個分)

  • 減塩スパム 150g(スライスしたスパム4枚)
  • 卵 2個
  • ご飯 360g
  • 海苔(全型) 2枚
  • コショウ 適量

作り方

  1. スパムをスパムスライサーで切る。スパム缶340gのスパムが横方向にスライスして9枚取れます(縦方向に切る方向を変えると11枚)。
    スパムスライサー
  2. フライパンに油を引いてスパムに焼き色が付くまでじっくりと焼く。しっかりと焼くことで芳ばしくなり、スパム独特の匂い(この匂いが苦手という人が多い)が薄れます。
  3. 卵焼き(薄く)を作る。
  4. ご飯をスパムむすびメーカーに詰める。
    スパムむすびメーカー
  5. そのご飯をギュッと押し込んでかためる。
    スパムおにぎりの作り方
  6. にぎったご飯の上に卵焼き、香ばしく焼いたスパムを乗せる。
    スパムおにぎりの作り方
  7. 海苔を半切にして、それで6.をくるりと巻く。
    スパムおにぎり(おにポー)
  8. 半分に切って皿に盛って完成。今日は一緒にゴーヤーチャンプルーともずく酢を添えました。

MEMO

SPAMスパム5缶公式グッズ同梱セットは便利

「スパムスライサー(カッター)」は、スパム(ポークランチョンミート)が気持ちいいように切れます。切るのが楽しくて余計にスライスしてしまいそう(^^;

SPAM(スパム)

このスライサーを使えばスパム以外にも色々なものが切れそう。例えばバター、チーズ、ソーセージ、かまぼこ、豆腐もいけそうだな~。きれいに形を揃えて切られた食材を使った料理にも挑戦したくなります。これは面白い!!!

しかし、これが意外と大きい。ゆで卵のスライサーをイメージするとビックリする。その大きさは13cm×22cm×5cmぐらい。使った後はどこへ収納しておくか悩まされます。

そして、「スパムむすびメーカー」も優れもの。押しずしを作る道具に似ており、とても簡単な作り(沖縄の100円ショップなら売ってそう)なのですが、これがとても便利です。にぎり易く、表面にはご飯がくっつかないように凹凸加工がされています。

コレでにぎったご飯がスライスしたスパムのサイズにピッタリ合うように設計されているので、スパムおにぎりにした時にとてもきれいな形に仕上がります。

これから行楽シーズン。大活躍しそうです。

関連記事