みはらしの丘でコキアソフトクリームを食べる幸せ | 国営ひたち海浜公園


赤く色づいたコキアの広がるみはらしの丘を眺めながら食べるソフトクリームは最高!

コキアソフトクリーム

大自然の中で食べるソフトクリームは格別なのだ!!

赤く色づいたコキアをイメージしたソフトクリームです

コキアソフトクリームにコキアは入っていません。あくまでもイメージ。

コキアソフトクリームは淡いピンク色のソフトクリーム。コキアが紅葉しはじめた頃の色合いです。

クランベリー風味の甘いソフトクリームです。

毎年、10月になると国営ひたち海浜公園の「みはらしの丘」は「コキア」で真っ赤に染まります。コキアの周りには色とりどりのコスモスも咲き誇り、とても美しい風景が広がります。その数、32,000株!!

コキア色に染まるみはらしの丘

この不思議な物体がヨーロッパ原産の「コキア」。みはらしの丘にはひと抱えほどある丸くモコモコとした奇妙な形のボールがきれいに並びます。夏には緑色だったコキアも秋が近づくに従い段々と赤く色づき始め、10月になると一面赤い絨毯を広げたようになります。

知っていますか?

コキアの実は、畑のキャビアとも呼ばれている「とんぶり」です!

コキアの枝は、箒になります。和名は「ホウキギ(別名:ホウキグサ)」

「コキア」はアカザ科ホウキギ属の植物で和名は“ほうき草”といいズバリほうきを作る事に由来しています。原産はヨーロッパの荒れ地に育つ雑草です。日本には中国より食用として渡来しました。ヨーロッパの古い時代の物語に出てくる魔女がのって夜な夜な空を飛ぶ箒がこれで作られたものです。ひたち海浜公園のコキアは特別に丸くて大きくなる品種であり、緑色が10月に入ると赤くなるシステムはカエデが紅葉するのと同じです。 国営ひたち海浜公園のHPより

コキアを十分に楽しんだら

旅先での食事は楽しみのひとつ。やっぱりここはコキアにちなんだ美味しいものを♪

ひたち海浜公園の敷地はとっても広く開園面積約190haもあります。190haと言われてもピンとこないのですが、一日あっても見きれないほどの広さです。そんな園内はいくつかのエリアに分かれているます。エリアごとにカフェやレストランがあり、それぞれ特色を活かした美味しいものがそろっています。

コキアが広がるみはらしの丘の前にも小さな売店があり、そこにはソフトクリームとハニードーナツが売られています。ドーナツにも惹かれるものの、ここはソフトクリームで!

ソフトクリームは「コキア」「バニラ」「ミックス」の3種類。一番人気は「コキア」のようです。

コキアの丘ソフトクリーム

1個300円です。

四季で楽しむ

秋は赤くコキア色に染まりますが、春はまたガラリと変わった風景が広がります。

春はネモフィラ。淡いブルーの世界です。

そして、この時期にはネモフィラをイメージした爽やかなラムネ風味のソフトクリームが登場します。

ネモフィラのソフトクリーム

四季折々の楽しみがあります。

国営ひたち海浜公園

  • 開園時間 9:30~17:00(開園日:9月1日~10月31日) ※
  • 休園日 毎週月曜日(月曜日が祝日にあたる場合は翌日の火曜日)
  • 入園料金 大人(15才以上)410円 小人(小中学生)80円 シルバー(65才以上)210円
  • 駐車場料金 普通車 510円
  • HP 国営ひたち海浜公園

※ 開園日、開園時間はシーズンにより異なりますのでHP等で確認してください

◆コキア(ホウキグサ)苗 3号 9センチ 【05P05Oct15】

◆コキア(ホウキグサ)苗 3号 9センチ 【05P05Oct15】
170 円 (税込)
評価 4.8
                  Kochia scoparia ほうきぐさの名で親しまれている植物で、夏のさわやかなライトグリーンの葉色や 秋の綺麗に紅葉した葉色が美しく、鉢花や花壇に利用されています。 昔は、薬用(果実)や 枯れた枝を束ねた草ぼうき作りのために栽培され..
CS Shop