話題のりんごバターも簡単手作り♪ 


電子レンジを使って簡単調理だよ

手作りりんごバター

オォォォ~~~~!初めて「りんごバター」を食べた時の衝撃!!!

リンゴの風味の中にバターの香りとコクが加わって美味いこと!

目の届くところに置いておいたら、ついペロリ。パンと一緒に食べる前に無くなりそう(^^;

リンゴジャムとは違った美味しさがあります。

例えるなら「舐めるアップルパイ」!?

ウン?ちょっと違うか(^^;

とにかく美味しいから作ってみよう。

りんごバターの作り方

りんごバター

材料 ※1

  • リンゴ 1個(正味350g) ※2
  • バター(無塩) 50g ※3
  • グラニュー糖 30g
  • はちみつ 40g
  • レモン果汁 大さじ2
  • ラム酒 大さじ1
  • 塩 小さじ1/4

※1 仕上がりの量は150mlの保存容器2個分程度になります。

※2 今回は黄色い品種のシナノゴールドを使用。

※3 あれば発酵バターを使ってください。香りがとても良いです。

りんごバターを作る

  1. リンゴは皮を剥いていちょう切りにする。
  2. 耐熱容器に切ったリンゴを入れてレモン果汁を全体にふりかける。そこへ、ラム酒、はちみつ、グラニュー糖を入れる。
    りんごバターの作り方
  3. ラップをして数か所穴を開けたら、電子レンジ(600w×3分)で加熱する。
  4. 一旦、電子レンジから容器を取り出す。少し傾けるとリンゴから出た水分の上にアク(泡状のもの)が溜まっているので、それを丁寧にすくい取る。
  5. 再びラップをして数か所穴を開けたら、電子レンジ(600w×3分)で加熱する。
  6. 電子レンジから取り出し、熱いうちにバター、塩を加えて全体に馴染ませ、ブレンダー(もしくはミキサーなど)でガーッと混ぜる。
    りんごバターの作り方
  7. 保存用のビン(煮沸消毒しておく)の口いっぱいまでりんごバターを入れて、軽く蓋をして15分ほど湯煎(小さな泡がフツフツと出る程度に沸騰させながら)にかける。 ※1
    りんごバターの作り方
  8. 湯煎が終わったらお湯からビンを取り出して、フタをギュッと閉めて完成。

※1 直ぐに食べてしまうのなら湯煎をする必要はありません。冷蔵庫に入れて早目に食べてください。

MEMO

りんごバターは美味しいよ♪

バターや砂糖の量は好みで変えてください。今回紹介したレシピならサラッした口当たりの爽やかなりんごバターです。バターの量を増やせばもっとこってりとした口当たりになります。

りんごバターと食パン

リンゴの食感を残したければ、ブレンダー等で混ぜる時間を減らしたり、バターを混ぜる前に少し取り分けて粗く刻んでから後からそれを加えるなど工夫をすれば良いです。

そして、バターが品薄で高値の今こそ、りんごバターがオススメ。少しのバターで美味しくいっぱい楽しめる!

出来立てのりんごバターを使ってこんなサンドイッチはいかが?りんごバターに餡子を合わせたサンドイッチです。

りんごバターと餡子のサンドイッチ

パンに乗せたり、ヨーグルトにかけたり、朝食のお供に楽しんでみませんか♪

りんごバター 国産りんご使用 200g

りんごバター 国産りんご使用 200g
¥ 480
ASIN: B00FNJ60EI
信州物産
おじゃマップで紹介された りんごバターです。
おじゃマップで紹介されたリンゴバターです。 採れたて新鮮な信州産リンゴをたっぷり使い フレッシュバターの風味がたまらない美味しさです。 パンにヨーグルト 大人気のパンケーキにもGood! ..
CS Shop