磯の香りたっぷりフォカッチャ | おうちで簡単 乾物でイタリアン


ひじきに青のり、海藻がいっぱいです

磯の香りのフォカッチャ

おうちで簡単に作れる乾物イタリアンレシピコンテスト

今回は「乾物19種類61品」を使った料理に挑戦です。

乾物

【レシピブログの「おうちで簡単に作れる乾物イタリアンレシピコンテスト」参加中】 ⇒ 乾物イタリアンの料理レシピ

先日、モニター当選の通知がメールで届き、そして、数日後、モニターの乾物が届きました。

気軽な気持ちでモニター参加に応募したけれど・・・えぇぇ~~~!

なに?この大きな箱は!?

かつお節、寒天、昆布、煮干し、海苔、きのこ、豆・・・・等々、「乾物19種類61品」と広尾「アクアパッツァ」オーナー日高シェフのレシピ本「おうちで乾物イタリアン」が届きました。

今日は「ひじき」と「海苔」を使ったフォカッチャです
磯の香りのフォカッチャ

磯の香りたっぷりフォカッチャの作り方

フォカッチャ生地の材料(5個分)

  • 強力粉(リスドオル) 250g
  • 青のり粉 1g ※1
  • ドライイースト 3g
  • 水(軟水:水道水) 138g
  • 水(硬水:コントレックス) 34g
  • 塩 4g
  • オリーブオイルスプレッド 20g

※1 「大森屋 青のり粉 瓶 8g 」 を使用

材料

フォカッチャの具の材料(5個分)

  • ひじきペースト 大さじ5 ※2
  • アボカド 1/2個
  • むき海老(茹でたもの) 10尾
  • タマネギ 1/4個
  • プチトマト 5個
  • シュレッドチーズ 適量

※2 「北村物産 伊勢志摩産 産地厳選 芽ひじき20g 」 を使用
ひじきペーストの作り方は ⇒ こちらを参照

ひじきペースト

作り方

  1. ボウルに強力粉と分量の水を入れて指先で粉と水を混ぜる。混ぜたら30分休ませる(オートリーズをとる)。
  2. ドライイースト、青のり粉と塩を入れて、生地がしっかりと捏ねる。生地がまとまってきたら、オリーブオイルスプレッドを加えて、オリーブオイルが生地に馴染むまでしっかりとこねる。
  3. 生地を丸めてボウルに入れ、ラップをかけて室温で60分程度1次発酵を取る。
    1次発酵
  4. その生地が2倍ほどに膨らんだら、ボウルから打ち粉をした台に移し、軽く整えて5等分する。それぞれ優しく丸めて乾かないようにして30分ほど生地を休める。
  5. 打ち粉をした台に生地を移し、生地を直径12cmぐらいの円形に伸ばし、油脂を塗った型(直径10cm 耐熱プラスチック型 使用)に入れる。生地が乾かないように濡れ布巾をかけ、あたたかい場所で2倍になるまで二次発酵する。
  6. ひじきペーストを塗り、そこへ、タマネギのスライス、アボカド、エビ、半分に切ったプチトマトを乗せる。
    フォカッチャの作り方
  7. 具を覆うようにシュレッドチーズを乗せ、オリーブオイルをかける。天板に移して190℃に予熱したオーブンで約20分焼く。
  8. 焼き上がったら、直ちに金網や籠の上に乗せて冷ます。

MEMO

磯の香りのフォカッチャ

青のり、ひじきがたっぷり。口に含めば磯の香りが広がります。

乾物というと和風のイメージ(私はそんな固定観念に囚われておりました)がありますが、オリーブオイルやニンニクなどを使って調理をすれば、簡単にイタリアンに変身します。日高シェフの「おうちで乾物イタリアン」を眺めながら、なるほど~と感心しきりです(^^;

ちょっと考え方を変えれば、乾物もこんな風にしたらどうだろうか?とか、こんな風にすればきっとこんな味になるだろうな~と、色々なアイディアが浮かんできます。

さて、次はなに挑戦しましょうか。

おうちで乾物イタリアン (祥伝社ムック)

おうちで乾物イタリアン (祥伝社ムック)
¥ 950
ASIN: 4396840144
祥伝社

CS Shop