ひじきのペースト | おうちで簡単 乾物でイタリアン


使い方も広がるひじきのペースト

ひじきペースト

磯の香りのするひじきのペースト。

ニンニク、トマト、バジルを加え、酸味や風味がよりアップ。

パスタソースやサンドイッチの具にアイディア次第でレシピが広がります。

常備菜として用意しておくと重宝です。

ひじきのペーストの作り方

材料

芽ひじき
  • 芽ひじき 20g ※1
  • ニンニク 1カケ
  • 市販のパスタソース(クラシコ トマト&バジル) 大さじ3
  • マッサ(パプリカペースト) 大さじ1 ※2
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 塩 適量
  • コショウ 適量

※1 「北村物産 伊勢志摩産 産地厳選 芽ひじき20g 」を使用

※2 手元に有れば使ってください。マッサ(パプリカを使ったポルトガルの調味料)⇒ 詳細はこちらを参照

下ごしらえ(ひじきの戻し方)

水で戻したひじき
  1. 大きめのボウルに入れて、ひじきをたっぷりの水に20~30分浸けて戻します。※3
  2. ひじきを戻したら、軽くかき混ぜて、上の方からつまみ上げるようにザルに移す(ひじきに多少の砂や貝殻が混ざることがあり、戻した時に、それが下の方に沈みます)。
  3. ザルのまま2,3回水を替えてよく洗い、水気をしっかりと切ります。

※3 乾燥ひじきは想像以上に水を吸って増えます。最初、手のひらに乗るぐらいの量であったものが、水で戻すと5倍以上に膨れ、小さなボウルいっぱいになりました。

作り方

  1. フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れて、弱火で香りが出てくるまでよっくりと加熱する。
  2. そこへ、水で戻したひじきとパスタソース、マッサを加えて、中火で炒める。フライパンを傾けると溜まっていた汁気が無くなるまで炒める。
  3. 軽く塩、コショウで控えめに味を調える。
  4. それをフードプロセッサーでペースト状にして完成。

MEMO

最適な環境のもとで、太平洋の荒波に揉まれ元気に育った伊勢産ひじきは、長く、太く、身詰まりが良く、風味良く、もっちりした歯ざわりの最高のひじきです。 - 北村物産株式会社HPより -

ひじきには、鉄、カルシウム、マグネシウムなどミネラル分や食物繊維が豊富です。現代人に不足しがちな栄養分を多く含むことから、積極的に摂りたい食品です。

このように、ペースト状にしておけば、スプーンでちょっとすくっていつもの料理に足すだけ。料理のアクセントとして使うといいと思います。

乾物屋の底力 伊勢志摩産 芽ひじき 15g×5袋  【三重県産、肘木、鹿尾菜、ヒジキ、国産、国内産】

乾物屋の底力 伊勢志摩産 芽ひじき 15g×5袋  【三重県産、肘木、鹿尾菜、ヒジキ、国産、国内産】
1,190 円 (税込)
評価 4.68
原材料 ひじき(伊勢志摩産) 規格 15g×5袋 商品説明 豊かな自然が息づく三重の太陽と土と水と海、そして人々のいとなみが育んだ芽ひじきを丁寧に乾燥しました。身詰まりがよく煮汁をたっぷり吸い美味しく煮物が出来上がります。味含みの良い独特の食感をお楽しみください。..
CS Shop