金時豆のディップ | おうちで簡単 乾物でイタリアン


お豆の風味たっぷりです♪

金時豆のディップ

おうちで簡単に作れる乾物イタリアンレシピコンテスト

今回は「乾物19種類61品」を使った料理に挑戦です。

乾物

【レシピブログの「おうちで簡単に作れる乾物イタリアンレシピコンテスト」参加中】 ⇒ 乾物イタリアンの料理レシピ

先日、モニター当選の通知がメールで届き、そして、数日後、モニターの乾物が届きました。

気軽な気持ちでモニター参加に応募したけれど・・・えぇぇ~~~!

なに?この大きな箱は!?

かつお節、寒天、昆布、煮干し、海苔、きのこ、豆・・・・等々、「乾物19種類61品」と広尾「アクアパッツァ」オーナー日高シェフのレシピ本「おうちで乾物イタリアン」が届きました。

今日は金時豆を使ったひと品です。

豆の食感をしっかりと残しました。

ベーコンを加えて旨みとコクをプラス、美味しいディップに仕上がっています。

サラダやサンドイッチの具に、アイディア次第でレシピが広がります。

常備菜として用意しておくと重宝します。

金時豆のディップの作り方

材料

大正金時
  • 大正金時 100g ※1
  • ベーコン 60g
  • ニンニク 1カケ
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 豆乳 大さじ3
  • 塩 適量
  • コショウ 適量

※1 「帯広市川西農業協同組合 大正金時 200g」を使用

大正金時

いんげん類の中でも、一般的な豆です。この名前は、昭和初期に北海道・十勝地方の幕別村で発見され、大正村(現在の帯広市大正町)で量産されたことに由来。大正金時の食物繊維は豆類の中で最も多く含み、甘く煮るだけでなく、スープの具やポークビーンズ、チリコンカーン、サラダなど和・洋・中に幅広く利用できる万能豆です。 - 帯広市川西農業協同組合HP

金時豆はクセが無く、他の食材との相性もバッチリ!豆には甘み、旨みがあり、和食、洋食を問わず、様々な料理に使えます。また、和菓子の材料としても多く使われている豆です。そんな豆だからこそ、パンに合わせたって絶対に美味しいはず!!

下ごしらえ(大正金時の戻し方)

大正金時の戻し方
  1. 洗った大正金時を大きめのボウルに入れて、豆の4,5倍の水にひと晩(6~8時間)浸けておく。
  2. 豆が膨らんだら、浸けておいた水ごと鍋に移して火にかける。
  3. 沸騰したら2分ほど煮たててから、ゆで汁を半分捨てる。
  4. 再び、豆の4,5倍の水を入れて、ごく弱火で豆が指で潰せるほどに軟らかくなるまで1時間ほど茹でる。途中、アクが出たら取り除く。
  5. 豆が煮えたらザルに上げて水気を切り、ボウルに移す。
  6. マッシャーで豆の形が少し残る程度に潰す。

金時豆のディップの作り方

  1. フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れて、弱火で香りが出てくるまでゆっくりと加熱する。
  2. そこへ、粗くみじん切りにしたベーコンを加えて炒める。
  3. 潰した大正金時を加え、混ぜながら炒める。
  4. 豆乳を加えて全体に馴染ませる。
  5. 軽く塩、コショウで控えめに味を調えて完成。

MEMO

ベーコンが入るとまたひと味違ったものに仕上がります。これなら他の食材と合わせても、負けることがありません。

そして、このディップで「山の乾物を使ったフォカッチャ」を作りました。

山の乾物でフォカッチャ

フォカッチャの他にも、サンドイッチの具としても、また、スープやサラダに使ったりと利用範囲は広がります。

大正金時豆 色流れ 1kg〔チャック付〕

大正金時豆 色流れ 1kg〔チャック付〕
1,134 円 (税込) 送料込
評価 4.47
内容量 1kg 原材料 大正金時豆 原産地 日本(北海道) 保存方法 高温多湿、直射日光を避けて保存して下さい 賞味期限 [2018年5月以降] 詳細 年産:26年産 産地:北海道
CS Shop