夏野菜たっぷりの味噌炒め~食欲が無い暑い時でもご飯がすすむ


ムシムシ、ジメジメ、素麺ばかり食べていませんか?

夏野菜の味噌炒め

暑い夏がやってきました。

夏は嫌いじゃないけれど、日本特有のムシムシ、ジメジメだけは我慢がなりません。

この時期になると、どうしてもあっさりとしたものに偏りがち。ついつい今日は素麺で済ませちゃおうってことないですか?

こうなってくると負のスパイラルに入り込み、ますます体力は落ちて、食欲が無くなり、ついには・・・夏バテなんてことに。

そんな時は、和風の「ラタトゥイユ」。ちょっとピリ辛に仕上げた味噌炒めなんてどうでしょうか?

夏野菜たっぷりの味噌炒めの作り方

材料(3,4人分)

夏野菜たっぷりの味噌炒めの材料
  • ナス 3本
  • ピーマン 1個
  • パプリカ(赤) 1/2個
  • キュウリ 1本
  • ニンニク 2カケ
  • 味噌 大さじ2
  • めん汁 大さじ1/2
  • 砂糖 小さじ2
  • みりん 大さじ1
  • 酒 大さじ2
  • 唐辛子ペースト 小さじ1/2

下ごしらえ

  • 予め調味料(野菜以外の材料)をよく混ぜておく。
  • 野菜は食べやすい大きさに乱切りにする。

作り方

夏野菜たっぷりの味噌炒めの作り方
  1. 予め調味料(野菜以外の材料)をよく混ぜておく。
  2. 鍋に多めのオリーブオイル(分量外)と潰したニンニクを入れて、香りが出るまで弱火で炒める。
  3. ナスが油を吸って、柔らかくなるまで炒める。
  4. その他の野菜を加え、全体が油が回るまで炒める。
  5. 合わせておいた調味料を加え、汁気が無くなる炒めて完成。(途中味見をして、塩味が足りないようなら調節してください)
  6. 好みで七味唐辛子を添えてください。

MEMO

美味しい夏野菜がたくさん採れる時期になりました。そんな野菜を炒めもにすれば、サラダで食べるよりもたっぷり食べられますよ~。

今日はピリ辛の味噌炒めで。油と相性の良いナスをベースに、彩りも良いピーマンやパプリカ。そして、冬の時期はとっても高くて手が出なかったキュウリを入れました。

色々な野菜を組み合わせることで、味も旨みもアップ。

しっかりとした味付けでピリ辛なのでご飯のお供にピッタリ。食欲が出ますよ!

まだまだ他にも美味しい野菜があります。そんな野菜をいろいろ組み合わせて、お好みの炒め物を作ってください。

【ピメンソール】赤パプリカ・ペースト(マッサ・デ・ピメント)200g

【ピメンソール】赤パプリカ・ペースト(マッサ・デ・ピメント)200g
540 円 (税込)
評価 4.64
赤パプリカから作られる、ポルトガルの伝統的な調味料、「マッサ・デ・ピメント」です。豚肉や鶏肉、魚などをワインやパプリカペーストと共に入れてマリネしたり、腸詰にも使われています。パスタソースや煮込み料理、炒めものなどに少し加えるだけで、自然なパプリカの風味..
CS Shop