トロトロでとっても甘い『焼きパプリカ』の作り方


私が知っているパプリカとは全く別の食べのものでした

焼きパプリカ

先日、テレビの特集番組で「パプリカ」がテーマで採り上げられていました。

すると、今までパプリカはピーマンの大きくなったヤツぐらいにしか思っていなかったものが、それとはだいぶイメージが違う野菜であることを知り、なんてもったいない食べ方をしていたんだと反省しきり(^^;

サラダや炒め物に加える彩り野菜としての扱いでは、パプリカに失礼です。

さぁ、今日からパプリカをもっと美味しく食べましょう!

パプリカのココが凄い!

パプリカに含まれるビタミンCの量は、野菜の中でトップレベル!このパプリカに含まれるビタミンCは、他の野菜に比べて、加熱によっても壊れにくいといわれ、生食以外にも様々な料理での有効活用が期待できます。

さらには抗酸化物質のβ-カロテンも豊富に含まれ、夏の紫外線から体を守るにはもってこいの野菜です。

パプリカを口にすると感じられると思うのですが、甘みに加えて旨みが強いのです。この旨みの成分は、和食でおなじみのカツオと同じ成分だとか。どうりで、どこかで食べたことがある感じがしたわけです。

栄養価にに優れ、旨み成分を持ったパプリカを大いに使おうじゃないですか。

まずは「焼きパプリカ」で。これが、パプリカの旨さと甘みをダイレクトに味わえる調理法です。

焼きパプリカの作り方

材料

赤パプリカ
  • パプリカ(赤) 2個 ※
  • オリーブオイル 適量

※ パプリカ2個を焼きパプリカにして、オリーブオイルで保存する場合、容量200ml程度のサイズのビンがピッタリです。

作り方

  1. オーブンを180℃に温める。
  2. 天板にオーブンシートを敷いてパプリカを乗せてオーブンに入れ、180℃で1時間焼く。途中、3回ほどパプリカを返して、全体に万遍なく火が通るようにする。
    焼きパプリカの作り方
  3. 1時間後、パプリカの表面が焦げて黒くなり、しんなりと柔らかく焼き上がったらオーブンから取り出して、粗熱が取れるまで冷ます。
    焼きパプリカの作り方
  4. パプリカの表面の薄皮を丁寧に剥す。
    焼きパプリカの作り方
  5. 焼きパプリカはこれで完成です。これを色々な料理に使ってください。すぐに使わない時は、適当な大きさにカットした焼きパプリカと染み出たパプリカの汁(旨みがたっぷり)を清浄なビン(容量:200ml程度)に移し、その上からパプリカが隠れるまでオリーブオイルを足す。冷蔵庫で保存してください。こうしておけばいつでも使いたい時に使えます。

MEMO

まずはじっくりと焼いたパプリカを味わってください。

口に含んだ時の、とろりとした舌触りに、今まで食べたことのない甘みと旨みを感じるはずです。

これがパプリカ?言われなければたぶんわからないでしょう。そんな美味さがパプリカにはあります。

そんなパプリカの特徴を利用して、色々な料理に挑戦してください。

例えば、こんなサンドイッチも美味しいですよ。

ツナとパプリカのオープンサンドイッチ

写真(手前)は「ツナとパプリカのオープンサンドイッチ」ですが、ツナに焼きパプリカを食べやすいサイズに切って乗せただけ。たったこれだけですが、実に美味いひと品です。

さて、他にはどんな料理になるか・・・。

【送料無料】国産パプリカ 赤・黄・オレンジ アラカルトセット2.5kg A品(13〜15個・個包装・化粧箱入)【産直】【野菜】【安全】

【送料無料】国産パプリカ 赤・黄・オレンジ アラカルトセット2.5kg A品(13〜15個・個包装・化粧箱入)【産直】【野菜】【安全】
3,600 円 (税込) 送料込
●サイズや色、色別の数のご指定はお受けすることができません。 ●収穫時期により、各色の個数が異なる場合があります。 ●完熟期にお召し上がり頂くため、また品質を長持ちさせるために完熟前(7〜8割程度)に収穫し、 収穫した日に発送しております。このため、お手元に届いた..
CS Shop