極上スイーツ ホームベーカリーで安納芋の美味しい焼いも


ホームベーカリーの焼きいもモードを使って、手軽に美味しい安納芋の極上スイーツ作りです。

安納芋のスイーツ

蜜芋などとも呼ばれるほど、時間をかけてじっくりと焼き上げると、なんと糖度が40度前後にもなるといわれる『安納芋』は天然のスイーツ。このじっくりと焼くというのがなかなか難しい。さつまいもに含まれるアミラーゼという酵素が最も良く働く温度が60℃~75℃。この温度でゆっくりと加熱されると、デンプンを分解して甘い麦芽糖に変化するのだ。

ここで登場するのが焼きいも機能が付いたホームベーカリー(TWINBIRD PY-4436AZ)。これが実にいい塩梅にさつまいもを焼き上げてくれます。

焼きいもの作り方

材料

  • さつまいも 安納芋:3個 紅あずま:1/2個 計 約600g

作り方

  1. パンケースから羽根を取り外し、さつまいもを並べる。この時、ギュウギュウに詰めないこと。
    さつまいもを焼く
  2. パンケースをホームベーカリーにセットして、付属の焼いも用フタをパンケースに乗せる。
  3. ホームベーカリーのフタを閉じて、メニューボタンから、『焼きいも』を選び、スタートボタンを押す。
    TWINBIRD PY-4436AZ
  4. 2時間後、ピーピーピーと焼き上がりのブザーが鳴り、完成。

たったこれだけで美味しい焼きいもの完成です。

安納芋はスゴイね。焼き上がった時、パンケースの底に蜜が溢れていました。焼いている途中からいい香りが部屋中に漂い、すぐにでもフタを開けたい気分に駆られます。

焼きいも

安納芋は水分が多く、とろけるような感じなので、かぶりつくというよりもスプーンですくって食べるのがオススメ。一方、紅あずまはホクホクとした馴染みのある焼いも。これは熱い所をがぶりといきたい。

安納芋の焼きいも紅あずまの焼きいも

どちらが好みか?う~ん、選べない(^^;

このホームベーカリーならコロッとした小ぶりの安納芋を焼くのにピッタリです。おやつにピッタリのサイズかも。長い紅あずまのようなサツマイモは切らないとケースに入りきらないことが多いです。

それにしても安納芋は驚くほど甘いね!砂糖やバターを入れなくても、これだけで十分にスイートポテト。まさしく極上スイーツです!!甘いけれどしつこさも無くペロリといけます。

しっかりと中まで火が入っており、美味しい焼いもが焼き上がりました。オーブンなどを使って焼くやり方もありますが、意外と思っているように焼き上がらないもの。芯が硬かったり、表面が焦げすぎたり、焼き上がりのタイミングを見極めるのが大変です。でも、コレならそんな心配は無用のようです。さつまいもを切って並べてスイッチを押すだけ。

関連記事

冷やし焼き芋 夢ごこち( 紅はるか焼き芋 ) 500~600g×3

冷やし焼き芋 夢ごこち( 紅はるか焼き芋 ) 500~600g×3
¥ 3,300
ASIN: B06XGDLGXC
夢食六
「冷やし焼き芋(紅はるか)」500g×3個 2016 茨城おみやげ大賞『最高金賞』受賞!
≪夢ごこち≫焼き芋 紅はるか500g×3袋 ■2016 茨城おみやげ大賞『最高金賞』受賞! ◆ギフト包装 送料無料 ◆繊維質が多く、ねっとりした食感が特徴の茨城県産紅はるかを..
CS Shop