生クリームをたっぷり使った手のひらサイズの山型食パン


生クリームや牛乳を贅沢に使った香りのよいふんわりパンです

ミニ山型食パン

普段、パン作りにはあまり生クリームを使わないのですが、今回は手元に余るほどの生クリームがあるので、気兼ねせずにたくさん使ってみようかな(^^;

明治北海道十勝フレッシュ 100

そうは言っても、使い慣れない生クリームをドバドバと混ぜるわけにもいかず、ほどほどに。

さて、どんなパンが焼き上がるか楽しみです♪

ミニ山型食パンのレシピ

材料(6個分)

山型食パンの材料
  • 強力粉(春よ恋ブレンド) 250g
  • 水 90g
  • 牛乳 60ml
  • 生クリーム(明治北海道十勝フレッシュ) 50ml
  • ホシノ酵母パン種 20g
  • 砂糖 15g
  • ドライイースト 3g
  • 無塩バター 15g
  • 塩 4g
  • 卵(仕上げ用) 適量
今回使用した金型
アルタイト食パン型 NEWミニ
  • アルタイト食パン型 NEWミニ (フタは別売り)
  • 材質:アルタイト (初めて使う時は空焼きが必要)
  • サイズ:内寸 105(100) X 57(47) X H50mm
  • 型容量:267ml
  • 生地目安量:山型食パン 84g / 角食 70g
  • 小さなパン型ですが、他の食パン型と同様に作りはしっかりとしています。
  • かっぱ橋 浅井商店で購入

このパン型6個で普通の角食約1斤の分量になります。

焼き上がったミニ山型食パン1個で6枚切りの食パン1枚分程度です。

ミニ山型食パンの作り方

  1. ボウルに強力粉、水、生クリーム、牛乳、ホシノ酵母種、砂糖、塩を入れて混ぜる。粉と水がまとまってきたら、手のひらで押し付けるようにしながら生地が滑らかになるまで捏ねる。
  2. 生地が滑らかになってきたら、バターを馴染ませるように、10分程度こねる。生地の表面が滑らかになったらこねの完了。表面を張るように丸めてボウルに移し、生地が2~3倍に膨れるまで室温で一次発酵をとる。(室温28℃程度で2,3時間かかる)
  3. その生地が2,3倍ほどに膨らんだら、指穴テストを行い発酵の程度を確認する。
    生地のフィンガーテスト
  4. 打ち粉をした台に生地を移し、カードで12等分する。分割した生地を丸め、生地が乾かないようにして室温で20分のベンチタイムを取る。
  5. ベンチタイムを取った生地を軽く手のひらでたたいてガス抜きをしてから丸め直して、型の内側にショートニングなどの油脂(分量外)を塗り、生地のとじめを下にして型に入れ、型に馴染むように軽く押さえる。
  6. 30℃、湿度80%程度で30~60分二次発酵させる。生地が型の8割程度まで膨らんでいれば2次発酵の完了。発酵終了のタイミングを計って、オーブンを190℃に予熱しておく。
    二次発酵完了
  7. 生地の表面に溶き卵を刷毛で優しく塗る。190℃のオーブンで20分焼く。焼き上がったら型から外して、直ちに金網や籠の上に乗せて冷ます。

MEMO

ふんわりとした香りのよい山型食パンが焼き上がりました
ミニ山型食パン

手のひらサイズの美味しいパンです!

生クリームや牛乳を使って焼き上げているので、リッチな香り。少々贅沢なパンかな。

このパンひとつで6枚切りの食パン1枚程度の量になります。朝食ならこのパン1,2個にヨーグルトとサラダを添えれば、素敵なモーニングプレートに♪

モーニングプレート

自分だけで食べるのももったいないのでおすそ分け。小さなサイズの山型食パンなので、可愛らしくラッピングしてちょっとした手みやげに持参すれば、きっと喜ばれると思いますよ。

関連記事

アルタイトスーパーシリコン食パン型 NEWミニ 4個組 【ppp】

アルタイトスーパーシリコン食パン型 NEWミニ 4個組 【ppp】
2,852 円 (税込)
評価 4.82
■アルタイト食パン型の特長とスーパーシリコン加工■ ●アルタイト食パン型とは スチールにアルミメッキしたものをアルタイトと呼び、熱まわりが良く均一に熱が伝わるため焼けムラなどが起きにくく、業務用におもに使われているパン型です。安価なところも魅力です。使い込め..
CS Shop