意外な組み合わせが美味しい! 大根ベーコンバーガー


大根をパンにはさむ・・・?!

大根ベーコンバーガー

下茹でした大根とカリカリベーコンをパンにはさんでみました。

大根ベーコンバーガーの作り方

材料(2人分)

  • バーガーバンズ 2個
  • 大根の輪切り(1cmの厚さ) 2個
  • ベーコン 3枚
  • スライスチーズ 2枚
  • ニンニク 1カケ
  • 麺つゆ 小さじ1
  • マヨネーズ 適量
  • マスタード 適量
  • えごまみそ(※ 詳細) 適量
  • コショウ 適量
  • 春菊の胡桃和え 適量

下ごしらえ

  1. 大根は2cmほどの厚さに切り、皮をむいて隠し包丁を入れて、竹串がスーッと通るまで下茹でする。
  2. 春菊の胡桃和えを作る。春菊を茹でて水気を切り、食べ易い長さに切る。それに細かく刻んだ胡桃と麺つゆを入れて和えておく。

作り方

  1. フライパンに油を引いて、刻んだニンニクを加えて香りが出るまで火にかける。そこへ茹でた大根を入れて表面を軽くソテーする。麺つゆを加え、コショウを軽くふって絡めるようにサッと焼く。
  2. ベーコンもカリッとするまでフライパンで焼く。
  3. バーガーバンズを半分に切り、表面にマヨネーズとマスタードを塗る。
  4. そこへベーコン、春菊の胡桃和えを乗せる。
    大根ベーコンバーガーの作り方
  5. スライスチーズ、大根を乗せる。大根の上にえごまみそを乗せる。
    大根ベーコンバーガーの作り方
  6. バーガーバンズではさんで完成。

MEMO

天龍村の『えごまみそ』
えごまみそ

全国屈指の農産物の産地、長野県からの一品!長野県知事賞受賞の味。えごまの葉をふんだんに使用し、えごま葉の香りがするお味噌です。いろいろな食材・調味料と相性が良いです。えごまには身体に大切な必須脂肪酸のαリノレン酸(オメガ3脂肪酸)がたっぷり!!体内でEPAやDHAに変換されます。多くの日本人が不足している必須脂肪酸ですが、えごま味噌を通じて美味しく摂取できます

日本各地の、その土地土地には美味しい調味料が隠れています。今回チョイスしたのは長野県下伊那天龍村の『えごまみそ』です。

商品の詳細・購入はこちらから⇒天龍村 えごまみそ

焼きおにぎりに使うと芳ばしくてとても美味しい「えごまみそ」ですが、他になかなか使い方が思い浮かびませんでした。そんな時、おでんの大根を食べながら、思いついたのがふろふき大根にこの味噌を使ったら美味しいはず。そこで早速、大根を下茹ですることに・・・大根を茹でながら・・・パンにはさんだら?

そんな連想ゲームの結果、出来上がったバーガーです。

柔らかく甘い大根とベーコンの脂、えごまのみその風味と塩味がとてもいい感じにマッチしています。意外や意外、美味しいです。

関連記事

サンドイッチの発想と組み立て

サンドイッチの発想と組み立て
¥ 2,700
ASIN: 4416812728
誠文堂新光社

CS Shop