甘酒パン~甘酒を使ってパンを焼いてみたら、驚くほどのもちふわ食感♪


甘酒は飲むだけではもったいない!パン作りにも大いに活用したい!!

甘酒パン

今まで甘酒から酵母を起こしてパン作りに利用したことはあったけれど、酵母としてではなく使うのは初めて。どんなパンが焼けるのか、興味津々です。

今回使用する甘酒は、うるち米に黒米を加え、それに米糀を使って作った自家製甘酒(甘糀)です。仕上がりはきれいなピンク色のきれいな色合いの甘酒です。

甘酒の甘さを利用して砂糖は不使用です。また、時々パン作りに用いるココナッツオイルをバターの代わりとして使用しました。

甘酒パンのレシピ

材料(丸パン6個分)

甘酒パンの材料
  • 強力粉(北海道産小麦粉 ゆめちからブレンド) 250g
  • 甘酒 100ml(130g) ※1 黒米入りの甘酒の作り方⇒
  • 水 120ml ※2
  • 塩 4g
  • ドライイースト 3g
  • バターミルクパウダー(スキムミルクでもOK) 12g
  • ココナッツオイル 12g
  • 卵水(仕上げ用) 適量

※1 ここで使用た甘酒は市販の甘酒の素(水で薄めて飲むタイプ)として販売されているような濃度が高く甘みの強いものです。

※2 甘酒の種類により水分量が変わりますので、様子を見ながら調節してください。

作り方

※実際はニーダーを使って作っていますが、レシピには手ごねの方法で記載します。

  1. 大きめのボウルに、強力粉、ドライイースト、甘酒、バターミルクパウダー、水を加えて混ぜ、さらに塩を入れてしっかり捏ねる。
  2. 生地にツヤが出てきたらココナッツオイルを入れて、ココナッツオイルが生地に馴染むまでしっかりと捏ねる。
    甘酒パンの作り方
  3. 生地が捏ねあがったら、2~3倍に膨れるまで一次発酵させる。
    甘酒パンの作り方
  4. 生地を取り出して上から軽く押さえ平らにしてガス抜きをして、6等分にしてから丸め直して生地が乾かないようにして15分ほど生地を休める。
  5. ベンチタイム終了後、生地を軽く押さえてから再び丸く成形して天板に並べる。
    甘酒パンの作り方
  6. 30℃で30分ほど生地が乾かないようにして、2倍ほどの大きさになるまで二次発酵させる。
  7. 二次発酵後、生地の表面に卵水塗る。
    甘酒パンの作り方
  8. 190℃のオーブンで15分焼く。焼き上がったら直ちに、金網や籠の上に乗せて冷ます。

MEMO

米粉を使ったパンのようなしっとりもちもち食感

美味しいです!

甘いココナッツの香りもフワッと広がります。

思っていた通りの食感。甘酒(米と糀)をたっぷりと使っているので、米粉パンのような手に吸い付くようなしっとり感に加えて、もちもちでフワフワの食感です。この食感は大好きな人が多いと思う♪ また、甘酒の効果で日が経っても、このしっとりとしたモチフワ食感は失われません。

甘酒パン

ところで肝心の甘酒感は?

甘酒(糀)の味や香りがあるかと聞かれると・・・わかりません(^^;

でも、ほんのりと優しい甘さが口いっぱいに広がります。また、甘酒には砂糖に無い栄養素(ビタミンB群や必須アミノ酸など)をたくさん含んでいます。残念ながらオーブンで焼いているので糀酵素の力は期待できませんが、腸内の善玉菌のエサとなり腸内環境を調える手助けには、多少なりともなりそうです。

最近注目の甘酒、パン作りにも使ってみませんか。

関連記事

ぶんご銘醸 麹天然仕込 酒蔵のあまざけ 900ml

ぶんご銘醸 麹天然仕込 酒蔵のあまざけ 900ml
¥ 598
ASIN: B004BR8WJE
ぶんご銘醸
内容量:900ml
酒蔵でつくられた、麹天然仕込の甘酒(ノンアルコール)です。国産米使用。
CS Shop