キウイフルーツから爪楊枝が出てきた!?


まさかの異物混入?キウイフルーツを食べる時には注意が必要?

キウイフルーツ

料理をしていると、時々、エッ!何これ!?とビックリすることがある。

扱う食材にはどんな特徴があるのか熟知していれば、驚くことも無く、問題なく対処ができるのだが(すべての食材に対して熟知するのは無理)・・・いきなり「ソレ」に出くわすと、ちょっとしたパニックに陥ることもある(@_@)

キウイフルーツもそのひとつだ。

今では普通に食べられているキウイフルーツだが、実はこれにも注意しなければいけない点がある。

私が一番びっくりしたのは、キウイフルーツの芯!

キウイフルーツのヘタを取ろうとしてナイフを入れたのはいいのだが、なぜか外れない。どうしたものかとヘタを持ってグリグリしてみると、なんと中から爪楊枝の先端のようなものが出てくるではないか!!

そうなんです、キウイフルーツには、硬くて鋭い芯が隠れていることがあるのです。

でも、安心してください。

キウイフルーツの芯は簡単に取れますよ♪

キウイフルーツの芯の取り方

キウイフルーツの芯

STEP 1 ヘタの周りにナイフを入れる

キウイフルーツを洗って、ヘタの周り(写真の点線の部分)にナイフ(深さ1cm程度の円錐状に)を入れる。

キウイフルーツのヘタ

包丁の後ろの角を使うと、切り込みを入れやすい。

キウイフルーツのヘタの取り方

STEP 2 切り込みを持ってヘタを外す

ヘタの周りに切り込みを入れたら、ぐるっと回す感じで捻ると簡単に外れる。

キウイフルーツの芯

切り込みが浅いと取り外しにくい時があるので、深めに入れると良い。また、先端の尖った部分が取り切れずに中で折れることがあるので、その時はキウイフルーツを切り分けるときに注意して取り除いてください。

※ ぐるりと切れ目を入れて芯を取るのが面倒だからといって、バッサリと上から1,2cmの部分を切って、可食部を捨ててしまうのはもったいないです。面倒だというときは、横半分に切って、スプーンですくいながら食べるのもいいでしょう。でも、その時も芯には注意してください。間違って芯を食べると、グサッ!なんてことになるかも(>_<)

MEMO

これで安心してキウイフルーツを食べることができます。

この芯の長さもまちまちで、1cmを越える長いものから、2,3mm程度のほとんど気になら無いものまでバラツキがあります。

キウイフルーツの芯

上の写真は短いもの。先端は尖ってはいますが、長さはありません。どのキウイフルーツもこの程度なら問題がないのですが、3割程度の割合(私の感覚)で長いものがあるように感じます。外からは見当がつかないので困ります。

こうしてキウイフルーツの芯には長くて鋭いものが入っていることを知っていれば、キウイフルーツを調理したり食べたりする時に、これに驚いたり、これでケガをすることもありません。

ネットで調べてみると、タイトルにもあるように「キウイフルーツに爪楊枝のような物が入っていた」とスーパーなどの対応窓口には問い合わせが入るようです。でも、やはりその実態は、キウイフルーツの芯を異物と勘違いしているようです。

これからも栄養価が高く美味しいキウイフルーツを大いに楽しみたいものです。

9月1日キウイの日特別企画ゼスプリゴールドキウイ3kg箱(18玉〜33玉)

9月1日キウイの日特別企画ゼスプリゴールドキウイ3kg箱(18玉〜33玉)
3,500 円 (税込) 送料込
評価 4.67
商 品 名 ゼスプリ・ゴールドキウイ 内 容 量 3kg箱(18〜33玉) 産 地 ニュージーランド産消費期限なるべくお早めにお召し上がり下さい。▼ お客様よりたくさんのお声を頂いております ▼
CS Shop