うなぎのかば焼きの炊き込みご飯 ~ 夏バテ対策はこれで決まり!


ご飯の一粒一粒にうなぎの旨みが染み込みます♪

うなぎの炊き込みご飯

夏の土用の丑の日には、うなぎを食べましたか?

この日にうなぎを食べるのも、スタミナをつけるというよりは、なんだかお祭りみたいなもの。夏の行事と言ったところでしょうか。

周りでうなぎ、うなぎと騒がれると、なんだか無性に食べたくなるんだよね(^^;

・・・で・・・今年もしっかり食べました(^^)v

ここ数年は、予め近所のうなぎ屋さんにかば焼きの予約を入れ、ウチに持ち帰って食べることにしています。お店でできたてを食べたほうが美味いのは分かっているのだが、お店が混んでいて落ち着かない。何より、こうするとお店で食べるよりも少々リーズナブル。その分、余計にうなぎが食べられるからね。

まずは、うな丼で!持ち帰ったかば焼きを軽く温めてから炊きたてのご飯に乗せて、かば焼きに付けてもらったタレをかけていただきます。ここで悩むのが、どれだけのうなぎをご飯の上に乗せるか?なかなか、贅沢な悩みです。

今年はそんなうなぎのかば焼きが一串残ってしまった。

さて、どうしたものか?

オッ!そうだ!!

この一串のうなぎを、炊き込みご飯にして楽しむことを思いついたので、早速、作ってみることに。

うなぎのかば焼きの炊き込みご飯のレシピ

材料(2合分)

  • 米 2合
  • うなぎのかば焼き 1串
  • 水 適量
  • かば焼きのタレ 大さじ2
  • エノキダケ 1/3株
  • ショウガ 1カケ
  • 大葉 5枚
  • ショウガ(すりおろし) 適量
  • 白ごま 適量
  • 刻み海苔 適量

作り方

  1. 米を洗い、ザルに上げて水を切る。
  2. 炊飯器に洗った米とかば焼きのタレを入れ、そこへ、分量(米2合に対して)の水を入れる(炊飯器の仕様に従ってください)。
  3. そこへ、短冊に切ったうなぎのかば焼きと刻んだエノキダケ、ショウガの千切りを入れる(この時、具と米を混ぜないこと)。
    炊き込みご飯の作り方
  4. 炊飯器の炊き込みご飯のモードで炊く。
  5. 炊き上がったら全体をサックリと混ぜる。
  6. 器に炊き込みご飯をよそい、その上に、白ごま、刻み海苔を散らす。大葉の千切りとすりおろしたショウガを添えて完成。

MEMO

美味い!

うなぎの炊き込みご飯

炊き込みご飯にすると、見た目にはうなぎの存在感が薄れるが、味は抜群。

米の一粒一粒に旨みが入って、どこを食べても美味いのだ。

炊き込みご飯に添えた薬味ごと全部ガーッと混ぜて食べれば、さらに美味い!

危険です。食べ過ぎてしまいそう(^^;

暑くて食欲が無い?そんな言葉がウソのようです。

こんな炊き込みご飯を食べてしまったら、夏やせどころか・・・デブになる ~(^◇^)/ぎゃはは

【ふるさと納税】【お歳暮】数量限定!鹿児島県産 特上うなぎ3尾【財宝】

【ふるさと納税】【お歳暮】数量限定!鹿児島県産 特上うなぎ3尾【財宝】
10,000 円 (税込) 送料込
製品仕様 商品名 鹿児島県産 特上うなぎ3尾 名称 鰻の蒲焼き 原材料名 うなぎ(鹿児島件大隅産・養殖)、しょうゆ、砂糖混合異性化液糖、発酵調味料、水あめ、砂糖、うなぎエキス、酒精、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル・アナトー) (原..
CS Shop