甘酒豆乳 〔小豆〕 ~ 豊富なバリエーションで飽きずに楽しめる


甘酒豆乳が熱い!より美味しく、甘酒豆乳のアレンジレシピ

甘酒豆乳 小豆

正月にお汁粉を作ろうと小豆を買い求めたのは良いけれど、少々持て余し気味なんて方いませんか~?

実はそんなひとりがここにいます(^^;

あんこが欲しい時は市販のものを購入すれば手間いらず、しかも美味い。だからどうしてもイチから小豆を炊こうという気になかなかなれない、とは言うものの、時々、最初から自分で仕上げてみたいという変な気を起こすことがあるんだよね~。そして、結局・・・(>_<)

でも、今日はそんな小豆を手軽に利用する方法を紹介するよ。

甘酒豆乳 〔小豆〕 のレシピ

材料(2人分)

  • 甘酒 ※1 大さじ5
  • 豆乳(無調整) 200ml
  • 煮小豆 ※2 (下記の分量で作ったもの、煮汁も一緒に使う) 大さじ2
    • 小豆 100g
    • 水 400ml

※1 甘酒は飲みやすいように水で薄めたものでなく、「甘酒の素」、「甘糀」と呼ばれる濃いタイプのものを使用している。 (参考記事)甘酒の作り方⇒美味しい甘酒はお米と糀を混ぜるだけ

※2 ここでは小豆を煮るだけなので(あんこを作るわけではない)、砂糖や塩は不使用です。

下ごしらえ(小豆を煮る)

  1. ボウルに小豆を入れ、たっぷりの水で優しく洗う。
  2. 鍋に洗った小豆と水を入れて火にかける。沸騰してきたら弱火にしてアクを取りながら30~40分煮る。途中、水が少なくなったら足す(ひたひたになる程度)。
    小豆の煮かた
  3. 指で小豆をギュッと挟んで潰れるようになれば完成。
    小豆の煮かた
  4. 粗熱が取れるまで冷ましたら保存容器に移して冷蔵庫で保管する。

甘酒豆乳 〔小豆〕の作り方

  1. 甘酒と豆乳、煮小豆(煮汁も一緒に)を容器に入れて、ブレンダーなどでガーッと混ぜる。
  2. 電子レンジ(500w×60秒程度)で温める。(温め過ぎないこと、50℃程度を目安に温めると良い)
  3. グラスに注いで完成。

MEMO

煮小豆をそのまま食べてもあまり美味いものではありませんが、こうして甘酒や豆乳と出会うととても美味しくなります。口に香る小豆の風味がいいですよ~。また、煮小豆は甘酒豆乳に混ぜる他にもヨーグルトにトッピングしたり、カレーの具として使っても美味しいよ。

レシピによっては小豆を煮るときは一度茹でこぼすように書かれているものが多いのですが、今回はその必要もありません。途中、浮いてくるアクを取るだけで十分です。

小豆の栄養素がたくさん溶けだした煮汁も一緒に利用します。小豆の煮汁にはミネラルやビタミン類、またポリフェノールやサポニンも含まれており、むくみの改善や抗酸化作用としての期待が持てます。

甘酒豆乳として飲めば、そんな小豆のいいところをまるごと手軽に美味しく摂ることができます。

いかがですか?今日から自分好みのアレンジで甘酒豆乳を続けてみませんか♪

国菊 あまざけ(甘酒) 900ml×6本【楽天24】[国菊 甘酒 米麹 ノンアルコール]

国菊 あまざけ(甘酒) 900ml×6本【楽天24】[国菊 甘酒 米麹 ノンアルコール]
4,276 円 (税込) 送料込
評価 4.63
お買い上げいただける個数は2個までです。本商品は在庫限りの商品です。ご注文後にキャンセルさせていただく場合がございます。※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。商品説明「国菊 あまざけ(甘酒) 900ml×6本」は、冷たいままでもおいしくいただけま..
CS Shop