シイタケとベーコンのガーリック炒めとカマンベールチーズのホットサンド


美味しさ満点!ひと口噛めば溢れ出す旨みのハーモニー♪

シイタケとベーコンのガーリック炒めとカマンベールチーズのホットサンド

カマンベール?ゴルゴンゾーラ?パルミジャーノ?モッツアレラ?ミモレット?ペコリーノ・・・・?

いつ頃からだろうか?日本でも様々なチーズが食べられるようになったのは。それまでチーズといえばプロセスチーズが当たり前だった。

今ではチーズ専門店も多く見られるようになり、我が家の冷蔵庫にも2,3種類のフレッシュチーズが入っているから驚きだ(^^;

中でもクセが少なく食べやすいカマンベールチーズは、毎朝作るサンドイッチに欠かせないほどの必須アイテムになっている。

そう言えば、先日、テレビの情報番組で、認知症予防になる食べ物のひとつとしてカマンベールチーズ(これに含まれる白カビのなんとかという成分がイイらしい)が取り上げられた。その翌日からしばらくの間、スーパーの陳列棚からカマンベールチーズが消えた(>_<)

チーズの消費が拡大することは良いことだが・・・テレビの及ぼす影響といったら・・・まったく、いい迷惑だ(`~´)

話が横に逸れたが、今日は、そんなカマンベールチーズを使ったサンドイッチを紹介するよ。

シイタケとベーコンのガーリック炒めとカマンベールチーズのホットサンド(パニーニ)の作り方

材料(1人分)

  • ハーフサイズの食パン 4枚 ※1
  • カマンベールチーズ 適量
  • シイタケ 2個
  • ベーコン 50g
  • ニンニク 1カケ
  • 塩 適量
  • コショウ 適量
  • マヨネーズ 適量
  • マスタード 適量
  • シュレッドチーズ 適量 ※3

※1 市販の8枚切りの食パン2枚でもよい

下ごしらえ(シイタケとベーコンのガーリック炒め)

  1. シイタケは石突を取って、傘の部分はスライス、軸の部分は細く割く。
  2. ベーコンは短冊に切る。
  3. フライパンにオリーブオイルを引き、みじん切りにしたニンニクを入れて、香りが出るまで炒める。
  4. 香りが出てきたらベーコンを加えて炒め、続いてシイタケを加えて炒める。
  5. 塩・コショウで味を調える。

作り方

  1. 食パンにマヨネーズとマスタードを塗る。
  2. そこへ、カマンベールチーズを敷き、その上に炒めたシイタケとベーコンを乗せる。
    ホットサンドの作り方
  3. その上からコショウをふり、シュレッドチーズをかける。
    ホットサンドの作り方
  4. マヨネーズとマスタードを塗ったもう一枚のパンではさむ。
  5. グリルパンに乗せ、中火にして3~5分、食パンに焼き目が付くまでプレスしながら焼く。
    ホットサンドの作り方
  6. 片面が焼けたらひっくり返して同様にプレスをしながら3分ほど焼く。
  7. サラダやヨーグルトなどを添えて完成。

MEMO

美味しいよ!

熱で溶けだすチーズ。そこにシイタケの旨みとベーコンのコクが加わって、口の中は幸せでいっぱいです。

冷蔵庫のチーズのストックが減ってきました。今から買い出しに行って補充しておかないと、明日の朝食のホットサンドが作れない。


カマンベールチーズ 北海道 選べる3種 食べ比べ 詰め合わせ 無添加 クレイル 送料無料

カマンベールチーズ 北海道 選べる3種 食べ比べ 詰め合わせ 無添加 クレイル 送料無料
4,600 円 (税込) 送料込
評価 4.5
ギフト対応 【日本初のカマンベール工房・北海道クレイル】 生きた乳酸菌をそのまま使用しているため、 徐々に熟成して風味の変化をおたのしみ頂けます。 お好みの3個をお選びください。 ・カマンベール・カレ 故・開高健氏が愛した、長いクレイルの歴史の中で第一作目の作..
CS Shop